縮毛矯正後は髪が傷む!?キレイな髪を保つためにすべきこと

ある女子校に行った際に、ストレートヘアの子ばかりで驚いたことはありませんか?

耳の前に少し髪を残して、ストレートヘア。
実は小顔に見える技なのですが、くせ毛がない子ばかりなのかな?と思ったら、ほとんどが美容室で縮毛矯正をしているようなんです。

そして、朝は早く起きて、アイロンをかけているとか・・。

この縮毛矯正は実はとても髪を傷めます。
パーマ液をかけたあとにパーマをかけるのではなく、高温アイロンを押し当てるのですから、髪へのダメージはとても大きいです。

まっすぐなヘアスタイルは良いのですが、それでもくせ毛の方にとっては、髪がうねる、跳ねることが解決できるので魅力的なことですね。
美容室での縮毛矯正後のヘアケアは入念に行うとともに、髪をいたわることをオススメします。

縮毛矯正後もキレイな髪でいるために

・パーマの間隔を十分にあける
・伸びた部分だけに縮毛矯正をする
・最初は弱めにしてもらって、様子を見る
ことをオススメします。

とはいっても、見た目が大切な女子高生にしてみれば、すぐにまっすぐヘアにしたいですね。
でも、多分一生で一番髪がキレイなその時期に縮毛矯正なんてもったいないと思うのは、老婆心でしょうか?

髪を傷めずにパーマをかけたいならコチラ>>痛みのないパーマが話題の美容室